ページ内を移動するためのリンクです。

チタン酸塩およびその誘導体

自動車などの摩擦材や機能性塗料に使われているチタン酸塩

断熱性、耐熱性、耐薬品性に優れた特徴を持つ大塚化学のチタン酸塩と誘導体は、断熱材、耐熱材、耐食材、断熱塗料を始め、熱可塑性樹脂、熱硬化性樹脂、エンジニアリングプラスチックス、セメント、金属、セラミック等の強化材、摩擦材、導電材などに広い用途で使用されています。またこれらは日本のみならず、欧米をはじめ、アジア、南米と広がっています。

ティスモ

高強度、高剛性、高アスペクト比を有し、高機能樹脂の補強材、自動車用ブレーキ摩擦材、精密フィルターなどに使用されています。

テラセス

各種摩擦材の摩擦調整材として、効きの安定性、耐摩耗性、快適性を向上させます。世界に販路が広がっています。

デントールWK

チタン酸カリウム繊維の特徴を有しつつ、導電性も付与させた導電性セラミックスです。塗料、接着剤、フィルム、成型品に使用されています。

お気軽にお問い合わせください。

  • 大塚化学の化学製品について詳しく知りたい
  • 自社製品に使える化学製品について聞きたい
  • 実際に見積もりを取りたい
など、ご質問・ご相談にお答え致します。
お電話でのお問い合わせ 03-5297-2727
お問い合わせフォーム